×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

fx比較・話題の外国為替証拠金取引・fx online 初心者のためのfx情報サイト FX(foreign exchange)投資で利益を出そう

外国為替 FX

fx 必勝・常勝バイブルへの道
オンラインを駆使し初心者でも稼げる

  

FXとは


株、投資信託、不動産…いろいろな投資がある中、今、注目を集め取引量が増えているのがFX(外国為替証拠金取引)です。FXというのは、1998年に外為法が改正された事で生まれた取引です。それまで銀行にのみ許されていた外国為替の取引が、広く一般にも開放されたのです。「為替」「外貨」と聞くと、すぐに「外貨預金」のことが頭に浮かぶという方もおられるかも知れませんが外貨預金とFX(外国為替証拠金取引)は、似ているようでここまで違うのです。外貨預金の場合はたとえば100万円を×▽銀行の口座に預けますと、100万円分のドルを買う事が出来ます。つまり、日本にいながらドルの口座を持ち、値動きの変動を待つのですね。そうして、1ドル110円だったものが、無事、1ドル111円になりましたら、そこでドルを売ります。こうして差額の1ドル分(1%程度)の利益が生まれるという仕組みです。一方でFXの場合はまずB証券に5万円を預けます。すると、その5万円は担保として別に保管され、あなたには○○証券から「100万円の取引を行う権利」が与えられるのです。そうして、100万円の範囲内で、円とドルの売買を行う事が出来ます。つまり、外貨預金の貯蓄性は無いのですが投資法として非常に気軽に始められるシステムなのです。

FXは簡単に言えば証拠金を取引業者に預け、差益決済による通貨間の売買を行う取引。取引内容によってはハイリスク・ハイリターンの投資とも呼ばれ注意が必要である。知識や経験がないと継続して利益を出す事は難しいと言えます。このFX、オンラインでの取引ができる業者も増えてきたため個人でも手軽に参加できるようになりfxで稼いでいる一般のかたも増えてきました。オンラインでの取引を始める場合は初心者の場合、バーチャルfx等と言った実際には金銭の動かないゲームのようなサービスを提供しているサイトや業者がありますので、そちらから練習のつもりで取り組んで取引を体感してみるのもいいです
FXはその取引手数料の安さからも注目されています。外貨取引などで銀行にかかる手数料に比べFXでの投資は4分の1から10分の1程度に設定されています。株取引もそうですが手数料はばかにできません。取引が多くなればそれだけ多くかかるものなのです。

FXの差金決済での取引とはどんな取引なのでしょうか?外貨預金の場合は1万ドルを買おうとすると、1ドル110円の場合なら、110万円が必要になります。しかし、FXであれば、証拠金を5万円程度預けておきますと、1万ドル(110万円)の取引が可能になります。これは、前にも説明しましたとおり、FXが「売りと買いの差額(差金)しか決済しない」という特徴を持っているからです。例をあげましょう、5万円を預け、100万円分の信用取引口座を用意してもらい、その金額で5000ドルを勝ったとしましょう。(1ドル110円とすると、55万円分使った事になります)こうしてドルを買う事を「ドル円で、5000ドルの買いポジションを持つ」と言います。(「ドル円で」というのは、通貨の組み合わせです。ドルとユーロの組み合わせなどもあります。また、買いポジションというのは、「買っている状態」という意味です。現金で1万ドルを持っている訳ではないので、「買っている状態」と言います)この5000ドルの買いポジションを持った後、1ドルが112円になったとします。すると、5000ドル×112円=56万円です。持っている資産(買いポジション)が、ドル円の変動によって、1万円の利益を生みました。ここで満足してドルを売ることで、買いポジションを解除し、「56万円ー55万円=1万円」という、差額1万円が振り込まれるのです。

投資ですから、いつも上手く行くとは限りません。せっかく1ドル110円の時に買っても、その直後にドルが108円になったとします。この時の買いポジションは「108円×5000ドル」分ですから、54万円です。差額、1万円の損が出ています。あなたは5万円を預けています。この状態で1万円の損が出ていても、まだ5万円の預け金があるから投資は続けられる、これがFXの特徴とも言えるでしょう。FXを扱っている各会社では、それぞれ「最低でも維持しておかなければならない金額」という基準があります。例えばこの会社が、「最低3万円は預けてください」という基準を持っていた場合、あなたは今まだ「5万円ー1万円の損」で総資産4万円です。(最低額に達してないので取引はまだ可能)ここで1ドルが一気に106円になった場合。あなたの資産は「106円×5000ドル」で53万円となります。2万円の損により、あなたの資産が3万円ぴったりとなりました。あと1銭でも下がったら、そこで基準を割り込んでしまいますので、その金額で強制的に取引が決済されて損失が確定するという仕組みです。この場合は、ドルの買いから入っていますが、逆のパターンも可能です。ドルを先に売っておき、あとで買い戻すという「売り買いを逆にする」という事も、考え方は全く同じですね。FXでは差金決済という方法をとる事で、元手に対して大きな金額で取引を出来るだけでなく、ドルの売りから取引を始めたり、ユーロなどの違う通過でも取引が可能になるのです。

FXをするメリットはいくつもありますが、何より小さな金額で始められることが最大のメリットでしょう。これは、預け入れたお金を「証拠金」として扱い、それを担保として、証券会社から大きな金額の取引を行う権利を得るというFXの仕組みから来るメリットです。実際の取引は、売買の損得のみを決済します(差金決済)から、失敗した分の損が、預け入れたお金の範囲内であれば、元手が少なくても大きな取引が出来るのです。例えば5万円を預けて、100万円の取引を行える状態になる事を、「レバレッジが20倍」と言います。要は「預けた金額の何倍まで取引可能か」という数字。これは各社さんによってまちまちですが、大体は101日あたりの値動きが2円以上もあるような日は稀です。手数料だけで損をしてしまう可能性が高いのが外貨預金です。この点で、FXならば一般的には1ドルあたり5銭前後の手数料ですから、手数料で損をする可能性が低くなります。倍から30倍程度でしょう。また、手数料の安さも大きな要素と言えるでしょう。外貨預金の場合、「仲値」と言われる、その日の朝10時のレートで取引が行われます。その時、ドルを買うなら仲値にプラス1円の金額となり、ドルを売るなら、仲値からマイナス1円の金額で決済されてしまいます。往復すると2円分の手数料が取られます。とくに取引が一日に何回も繰り返す場合にはこの差は大きくなるでしょう。
  

FX最新情報

 

【緊急!】
オーストラリアドルは買いらしい!     FX投資の必勝法

FXに関連する基本的な情報 




FX比較

fxを取り扱う業者も増えてきてどこで取引をすればいいか迷われると思いますが、最後は自分の判断がものを言うので業者まかせひとまかにせず基本的な事は勉強はしましょう。fxに関しての話題や取引について書かれているブログ等を参考にするのもいいかもしれませんが、あくまで参考程度にしておきましょう。ブログで書かれている事はあくまでその人の成功例であり自分にあてはまるわけではないからです。fxを取り扱う専門会社として2003年に登場したFXプライムは話題の取引業者であり、特にそのリスク管理はFX初心者に信頼されています。FXプライムは伊藤忠商事100%出資の外国為替証拠金取引専門会社として有名です。他にも優秀な専門会社がありますのでサービスを比較してみると良いでしょう。細かいサービスを比較する事で自分にとって使いやすい取引業者がわかってきます。まずは道具を使いこなす事により儲けの効率化を図ることが重要でしょう。

FXと税金

fxと聞くと、まず有難いのが『20万円以下の差益』なら、他に所得がなければ税の申告が不要と言う点だ。これから、今の資金を増やそうと思っていても、多額の利益が出た時に引かれる税金も当然ながら多くなっていく。なので、fxで税金をパスして少しずつ稼ぐという手段は賢いだろう。『そんなに、稼ぎで引かれる金額は違うのかな?』と、不思議に思う人もいると思うが、結構な差にはなる。
例えば、あなたが200万以上の差益(fxなどで、儲けから引かれる金額を差し引いてあなたの手元に残るお金を差益と言います)を出していたなら、なんと30万前後のお金を税金で持っていかれるのだ。30万と言うと、中小企業のサラリーマンの月給並みなので、お金の大きさは大半の人には分かっていただけるであろう。なのでfxは、これからまずは試しに稼いでみるという人の有難い証券活用の一つだと私は思います。
これと似た儲けはfx以外なら、やはり株とかのデイトレードです。といっても、fxもデイトレも結局の所は大きなお金を動かす事にはならないので、安全に稼ぎたい人か初心者の人かにしか向いていないのが実情ですが。後は、fxを続けていこうという人には『20万円以下の差益』を拾って着実に利益の幅を増やしていくのもありかと思います。最終的には、資金の運用先の一つとして定着出来れば立派なのではないでしょうか。

FX 情報商材とは

最近、巷でよく見かける『情報商材』って知っていますか?知らないという人が大半でしょう。何故なら、最近になってブームになり殆どの人がどこかで商材を買付けて、そして自分のブログコーナーや証券情報の運営サイトで売り出した事で、知られ始めたからです。
そして、この商材ですが最近はfx(外国為替証拠金取引)でも取り上げられています。

中身としては、『負けを取り返せるfx』や『勝率1割を9割にするfxデイトレ』などです。つまり、私のfxで稼いだ手法を『体験記』として販売するという物が、この情報商材と言う物なのです。『fxなんて証券会社でやっているんだから売れないだろう?』と、大抵の人が考える盲点を突いたこの商材、実際には馬鹿売れしています。何で、ここまで人気が沸騰したかと言いますと、やはり負けを味わっている人は『堅実に勝ちたい』のです。なので、このようなサイトに検索する人もfxの証券が知られ始めて、証券の参加人数が増加すると比例して増えてきました。最近では、fx取引メールマガジンの購読も取扱うサイトが増えてきて、これからますます加熱しそうな情報商材です。最期に、まず本当に堅実に儲けようと思うなら、fxもいいですが個人のサイトで『ドロップシッピング』や『自分の得意分野の代理活動』を売りに出すのも、いいかと思いましたので一筆書き上げます。

FX業者 比較

fxを始めたいんだけど、どこも同じなのかな?という考えで、なかなかfxの取引先を決めれない人は多いかと思います。なので、fx会社で有名な2会社を比較してfxの始める前にを解説しようと思います。まず、一つ目の会社fxCMジャパンです。この会社の特徴は、国内fx業界 取引高において2年連続1位の実績を誇り、取引手数料は無料。さらに、迅速かつ自由な取引環境を提供しています。そして信託分別管理、充実の24時間カスタマーサポートで安心のお取引環境を実現し、今なら新規口座開設キャンペーン中です。

次に、2つ目の会社は三井物産フューチャーズです。この会社の特徴は、デイトレード手数料は片道のみ。通常手数料も1単位あたり片道150円〜500円と業界最安値の手数料設定。三井物産グループ企業という事で、ブランド人気もあり安心してお取引をしている人がいるまさに中堅の証券会社です。ここまでで、『取引無料』が有難いのでfxCMジャパンで始めようという人も多いかと思いますが、常に証券会社を選ぶ場合に推し進めている事があります。それは、『サービスの度合い』です。つまり、三井の方が長くお客様の満足を勝ち取ってきているので、まずは安心して始められるのは三井だと言う事です。なので、その点で比較しても料金と言う人には、ここではfxCMジャパンの方が良いと私は考えていますのでご参考下さい。

FX 手数料

fxは始めるにあたって、新規開設講座に関しては最近の人気の後押しもあり、特に高い開設料金を徴収すると言う事はありません。ですが、fxではどうしても株取引と同じように、証券取引手数料やデイトレード手数料が発生します。手数料は、fxを取扱っている企業を見て頂ければ分かるのですが、大体 無料〜1,000円ほどです。無料の会社と言うと有名な所は、fxCMジャパンさんです。そして、デイトレードを安く済ませるには三井物産フューチャーズがオススメです。どちらも、fx取扱い企業としては有名な企業で、しかも、fxCMジャパンさんは企業の人気1位2年連続と大人気な会社なので、とにかく安くそして気楽に取引を楽しみたい方には丁度良いでしょう。
他に、覚えておいて欲しい手数料としましては、税金ではないでしょうか?最初は、小さな投資金だから他所得を含めなければ税金は0円です。ですが、最終的には連続して取引をする事を目指すのであれば、差益(fxでの稼ぎに対する貰い手側の利益分)が20万円を超えると15%以上の税金がかかると言う事だけは念頭に置いて頂ければ幸いです。また、fxと言ってもどこの国のお金に置き換えるかも大切なので、その点も手数料の調査と同時に行っておくと、証券会社を決めてからスムーズに取引が開始できるかと思います。

FX スワップ

株式投資を始めて、投資を複数に分けてリスク分配投資を行った事がある人はいませんか?誰だって、やっとで溜めた(稼いだ)お金をいい加減には扱えない物ですから、殆どの人がそうやって投資してますよね。そして、その手法がfxトレードでも小さなお金を安定して稼ぐのに用いられています。それは、スワップポイント狙いでfxトレードをする場合の方法として相関関係的に、同じ動きをする通貨ペアを見つけ、一方を買いポジション一方を売りポジションで持つという物です。そうすると、相関関係的に同じ動きをする、通貨のペアを選んでいるので、スワップポイントをもらいながら、為替変動をヘッジするfxトレードができます。どういうことかといえば、値上がりすれば、買いポジションをもっている通貨では利益、売りポジションを持っている通貨の方では、損失が出ます。ですが、それぞれの通貨ペアは相関関係を持っているので、完全に相関関係が成立していれば、利益と損失は完全に相殺され、fxトレードでの為替変動のリスクがヘッジされ、スワップポイントで稼ぐfxトレードができるのです。

このように、fxトレードでの為替変動リスクをヘッジし、スワップポイントをもらうfxトレードの具体的通貨のペアを選ぶ場合は、例えば買い側が1日あたり200円のスワップポイントがもらえ、売り側が、1日あたり100円のスワップポイントを払うような通貨ペアを選んでおけば、為替変動が相殺された上で、1日あたり200円-100円=100円のスワップポイントがもらえ、為替変動がヘッジされた、スワップポイントで稼ぐfxトレードが行えることになります。地道ではありますが、将来的にはfxで大きく投資金を運用と言う事にも繋がる訳なので、実際の経験を掲載しているブログも多いのが実情です。

アクロス FX

新しい投資術として、雑誌にサイトにと取上げられているfxトレードですが、その人気の後押しもあり新しい企業も多々誕生しているようです。そして、まだ若いというのもあれなのですがアクロスfx株式会社という企業が05年に設立されて、fxトレードの企業として知られてきました。『証券の企業なんてどこも同じでは?』と思う人は多いでしょう。ですので、ここでこの新しく設立された企業の概要を紹介も交えて記載していきます。まず、このアクロスが何故人気になってきたのかですが、やはり中堅どころの企業と同じかそれ以上の低価格での手数料を実現したからだと言えます。特に、fxトレードで中堅でもある程度の手数料は取る『デイトレ決済手数料』がアクロスでは無料です。

しかも、資金が少なくても始められるようなサービスもあり、それに因んでその路線での対応も充実しています。さらに、小さなサービスではありますがポイントサービスも始めています。そして、特にこれからの若きトレーダーにはありがたい『fxトレード無料セミナー』も開催中という幅の広い対応の良さ。この充実の良さゆえに新規企業ではありますが、確固とした人気を得ているのではないでしょうか?そして、先程のセミナーですがfxトレーダーの時間の浪費を少しでも減らす為に、『WEB』にも対応しています。勿論、他企業でもやっているバーチャルfxもあるので一度、サイトへ足を運んでみる事をオススメします。

オリックス FX 

オリックス証券をトレーダーで知らない人はいないでしょう。というのも、老舗の証券会社だからです。しかも、fxトレード人気が上がれば素早く対応し、最近ではホームページの上位にもしっかりと取引のサービス概要がUPされています。そして、なにより嬉しいのがfxトレード並びに『オプション取引』までの証券取引の種類の幅の広さ、そしてfxでも見られる手数料の均一化ではないでしょうか?特に、という点では他を圧倒するサービスを行っている訳ではないのですが、fx並びに全取引でオリックス証券は『かゆい所に手が届く』絶妙な取引手数料を実現しています。そして、トレーダーとしては更に有難い『長い経験ゆえのサービス』も受けられるブランドイメージもあるので、これからも磐石な発展を見せると予期しています。

また、『取引種類が多い』という事なのでサイトに足を運ぶと、あり過ぎる取引の影響のせいで探したい取引を逐一把握しにくいのでは?と思う方もいるかとは思いますが、実際はシンプルにまとめられていて見易かったです。なので、今まで行った事がないfxや先物のオプションなどをやって堅実かつ・そこそこ大きく儲けてみたい方にはオススメの企業だとサイトに足を運んで感心させられました。

FX トレード マスター
『勝率が1割』という人が多数を占める、証券取引の華やかな裏面。ですが、最近ではとあるツールの誕生により、『そこそこ以上に勝てる』という事で、注目を集めているキーワードがあります。それは、『fxトレードマスター』です。何やら、サイトの名前のように感じますがfxトレードでの列記としたツールです。そして、このツールですが人にも依りますが『fxトレードでの勝率を9割以上になる』という様な謳い文句が多いツールです。本当にそうなのか?というので、調べてきましたが実際多数のサイトでも、その詳細が事細かに書かれており、更には現トレーダーの長年のブログにも登場されているので信憑性は高いかと思います。但し、価格が98,000円とfxトレードを始める上での資金を10万円からで考えている人では『おいおいfxトレードの資金の方がなくなってしまうじゃないか?』と苦笑してしまうような値段です。ですが、現トレードマスター関連のサイトやブログでも、にわか渋々使ったサラリーマンやOLがおかげで、月に10万円からの投資で5万円前後の利益が出て『じわじわ勝てる』と好評のようです。30万のトレードを無手で始めようという若いトレーダーには、これからは重要なアイテムに、また、トレード界の必須アイテムとして人気を博す予感のするツールだと私は思いました。

FX  チャート

fx(Foreign Exchange)とは外国為替取引を略称したものですが、最近個人投資家の間でよく使われるfx という言葉は、「外国為替証拠金取引」という意味で使われています。fxの用語の中にチャートというものがあります。このチャートとは、過去の株価の推移を記録してグラフに表したものです。fxのチャートでは、ローソク線(ローソク足)が用いられるのが一般的で、日足チャート・週足チャート・月足チャートがあります。fxの投資家たちはこのチャートを分析して、将来の価格の変動を読み取っていきます。このようにfxをやっていく上でチャートは非常に重要なものです。では、このローソク足とはどのようなものでしょう。朝一番についた「始値」、その日最後についた値段を「終値」、その日1日で一番高い値段を「高値」、一番安い値段を「安値」といいい、これらを総称して「4本値」といいます。fxのチャートで用いられるローソク足は、この「4本値」が一目で分かるようになっており、見た目がローソクにそっくりなので、この名前がつきました。また、上昇で取引きを終えた場合は赤か白、下落で取引きを終えた場合は青か黒でローソクの胴体を表示します。

FX オンライン ジャパン

fx を始める場合、fxの投資家たちはネットで自分に合った会社を検索してオンラインで取引きを行うのがほとんどです。現在ネットで「fx」を検索すると、数多くのfxの会社がヒットしてきます。その一つにfx オンライン ジャパン(FX Online Japan)という会社があります。こちらのfx オンライン ジャパンは、fxの投資家たちのオススメ度も高く人気の高い会社です。fx オンライン ジャパンでは、取引手数料、口座維持手数料が共に無料で、メジャー通貨ペアを含む合計23通貨ペアの取引が可能なのも大きな魅力の一つです。またfx オンライン ジャパンのメジャー通貨ペアはわずか5銭(ポイン)。少ない資金で始められるミニ取引口座もあり、5万円の初期証拠金から取引可能になっています。さらに、fx オンライン ジャパンでは、取引システムによる外国為替証拠金取引がリスクを心配せずに疑似体験できる「デモ取引」というものがあり、簡単な手続きで無料でできるシステムもあり、利用期限もないので納得がいくまで試せることなども、fx オンライン ジャパンの人気の一つになっています。

fx 会社

最近よく耳にするfx 。歴史が浅いので、最近ようやく世間に浸透してきたのですが、株の投資よりリスクも少なく、少ない資金でハイリターンが可能なことや、低いコストで外貨取引ができるということで人気が高まっています。実際には始めていないが興味を持っているという方も多く、これからますますfx の投資家人口は増えていくのは間違いありません。fx を始めるには、fx の会社選びがとても重要です。fx の会社はたくさんあり、取引手数料、金利、レバレッジ率、各種サポート体制など、そろぞれfx の会社によって特徴が異なってきます。まず最初にじっくりと比較して、検討しながら自分のスタイルに合ったfx の会社を選びましょう。また、悪質なfx の会社が存在しているのも事実です。大手のfx の会社などは心配ありませんが、中小規模のfx の会社の中には、しつこく電話をするなどして強引な勧誘を持ち掛けてきたりするところもあります。2005年の法施行後、ほとんどの悪質なfx の会社は淘汰されましたが、自分が取引きをしている会社が怪しいと思ったら、すぐに取引きを中止してfx の会社を変えた方が賢明かもしれません。

マネックス fx

マネックスfxは、5,000円の資金から1,000通貨単位でできる外国為替保証金取引です。手数料は1ドルあたり10銭ですが、最低手数料はなんと6銭。これは100万ドルの取引きをした場合で、、なんと1取引単位あたり60円になる計算です。このようにマネックスfxでは取引きコストを抑え、とてもリーズナブルな為替手数料になっています。マネックスfxで取引き可能な通貨は、米ドル・円・ユーロ・ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル・スイスフランの8種類で、マネックスfxでの取引単位は、1,000通貨以上、1,000通貨単位となっています。またマネックスfxでは、プライス(成行)注文、指値注文、ストップ(逆指値)注文、OCO、IFD(f Done イフダン)IFO(IFDとOCOを組み合わせた注文方法)など、投資家のさまざまなニーズに応えられるように多彩な注文方法が用意されています。マネックスfxで取引できる時間は、原則24時間ですが、早朝の10分間だけメンテナンスのため取引できません。マネックスfxでは、インターネットおよび携帯電話からのみの注文受付となっていて、電話からの注文はできないのでご注意ください。

ライブドア fx

ライブドア fx(livedoor fx)は、多くの魅力的な特徴をもっています。まず、ライブドアfxでは少ない資金で効率的な資産運用が可能ですし、ライブドアfxの取扱通貨ペアは18種類という豊富さです。さらにライブドアfxの外貨を保有すると高水準のスワップ金利を提供してもらえます。またライブドアfxでは、リスクの低い約1倍のレバレッジから、ハイリターンの200倍のレバレッジまで幅広く用意してあるので、自分の好みに合わせて自由に調整が可能です。
ライブドア fxの面白いサービスでは、日本唯一の金融占星術による為替チャートをライブドア証券より独占配信というのがあります。これは天体位置による変化日をビジュアルにて表示するものです。また、オリジナルの手法によるウィークリーコメントも提供するなど、今まで占星術に興味がない方にとっても気になるサービスと言えるのではないでしょうか。ライブドアfxではその他にも、業界屈指の充実レポートというサービスも行っており、この充実レポートは、毎日3回、ドル/円・ユーロ/円・ユーロ/ドルなど8種類の通貨ペアについての短期的な分析を提供しています。HSBC銀行の資金為替ディーラーを皮切りに、欧米の数多くの大手銀行でチーフ・ディーラーを歴任した人物がこの充実レポートを執筆していて、fxの投資家にとって痒いところに手が届くような必見のサービスです。

 相場にはアップとダウンの周期がある


2008年8月世界金融不安をきっかけに世界中の為替相場がパニックになりました。


2000年から2007年7月までの間は、円安方向に推移していき、株価も順調に上昇していました。


為替バブルという言葉は実際にはないですが、FX投資家にとっては2007年7月までは、まさにバブルのように買って持っているだけで簡単に儲かった時代です。

それが一転して、急激な円高相場に変わってしまいました。


世界同時不況が起きてしまった今、もう昔のようなバブル時代は来ないのか?と言われれば、そういうわけではありません。


バブルは繰り返されます。


なぜなら相場はアップとダウンの周期が交互に定期的に来るようになっているからです。

 

2000年からアップの周期に入り、それが2007年7月まで約7年間の上昇が終わりました。


そこから2009年2月まで約1年半もの間下落しました。 そして今はまた上昇に流れが転じようとしています。

 

単純に見ればここから7年の上昇が始まるという事です。

もちろん、そんなに単純な話ではないですが、そういった数年単位のアップとダウンの周期が過去の“全ての相場”(株であれ為替であれ商品先物であれ全て)にある以上2009年相場が大きなチャンスのタイミングになる可能性が高いのも事実です。


中でも、今注目している通貨はオーストラリアドルです。 なぜ、オーストラリアドルに注目しているのか?


8分のチャート解説ビデオを公開していますので、下記のページからご覧下さい。

http://www.123profit.jp/AUD/?jvcd=1050


松下誠:

1967年生まれ。福岡県出身。投資開始から2年で個人資産1500万円を失うも、その後、株式、商品先物、FX投資などすべての投資で使える、相場周期に合わせた簡単な利益の上げ方を発見し、それから利益を上げ続ける。2004年投資家として独立。
2006年10月から"感情コントロール法"や"価格変動予測法"などの手法を教える会員制投資プログラムを開始し、トータル9000人以上が参加し、現在も3000名以上の人が参加中。

土日を含む日刊で、投資家育成のメルマガを発行し、ブログですべて公開している。
雑誌 FX攻略.com にて記事を連載中!


必勝常勝FX


外貨預金などでもそうですが、やはり基本的に初めての場合はアメリカドルから始めるのが基本のようです。FXでの場合はこれを「ドル円」と言います。ではなぜドル円なのか。それには、次の三つの理由があるんです。1.ドルが世界の基軸通貨 2.情報量の多さ 3.取引量が多く安定している

取引を実際にする場合に一番安心できるのがドルでもあります。というのも、取引量が他の通貨に比べて桁違いに多いですから、そこに使われている金額(投資額)も半端なく大きくなります。取引量が多いという事は、ヘッジファンドのような大口の投資家(投機筋)が、意図的に値段を動かそうとしても、あまりに市場が大きすぎて動かせないんです。仕手が起きないという事は、それだけ今の価格が正当な数字で、誰かが意図的に動かしているものではないから、値動きも読みやすいということです。また世界的な動きからしてアメリカドルが世界の基軸通貨として認められているのは間違いないでしょう。そういった点からして情報量が多いと言うのもうなずけるかと思います。また、そういった点以外でも普通の人が一番なじみのある通貨と言えばやはり日本円以外ではアメリカドルが一番分かりやすく。イメージもつかみやすいのも間違いないでしょう。

ドル円の次に魅力的なのはユーロとアメリカドルの組み合わせ、ユーロドルです。この組み合わせだと日本円が入らない取引になりますがこれもFXならであの楽しみ方と言えるのではないでしょうか。ただし、初めてでいきなりユーロドルだとイメージがつかめないと思うのでドル円に飽きたら、というか慣れてきてから少しずつユーロドルにチャレンジしても遅くは無いと思います。ユーロとドルの取引量は、ドルと円の取引以上に量が多いですから安定感も抜群になります。また、ユーロは将来的にはドルと替わる通貨になると予想されていますから、今後ユーロがどんどん強くなっていくのは予想がつくでしょう。歴史のまだ浅いユーロですが参加している国の数が多く、力の強い国が多い。これが魅力の一つでもあります。

fxトレードは『小さい金額しか稼げない』、『負けている人の方が多い』と思っている人は多くありませんか?実際は『リスク回避を学べば勝率70%辺り』までは、現fxトレーダーの実践の話では可能です。だけど、次に幾ら儲かるのかですよね?確かに、流行の株式投資に比べると配当金のような大きな旨味はないです。せいぜい、投資金が150%前後まで増えれば良い方。ですが、現在では多数の企業もfxトレードでの出資話を持ちかけています。

何故なら、先程の話の通り『リスク回避を学べば勝率が70%辺り』だからです。だけど、今からfxトレードの勉強をする位なら今やっている投資の方が熟知しているしと考えてしまいますよね?これも大丈夫です。何故かと言うと、fxトレードを始めるにあたって大抵の会社は『WEBセミナー』を行ってくれているからです。しかも、無謀な一本槍の投資でも行わない限り、大きな損金の発生は防げます。なので、これから本当に必勝のトレーダーとしての道のりを上げたい方には、fxトレードはまさに絶好の証券の一つだと言えます。どうしても、不安が拭えないという人は、証券会社が用意している『バーチャル取引』で仮想のお金を利用して、ある程度の勝率が出せるまで取り組んでから初めて、実際の取引を始めてみてはどうでしょうか?

FXに関してはその話題性も含め様々な書籍、情報が飛び交っています。必勝法と銘打たれた情報などが高価に売買されていたりします。しかしfx常勝バイブル的なものは実際にはないでしょう。その儲けを多くする確率をいかに高くしていくかが利益を出し続ける鍵です。現在一般的に知られている数ある投資方法の中では最も少額で始められ大きく儲けられる投資であると言えます。株であれ外貨取引であれある程度まとまった資金がなければ大きな稼ぎを出す事はほぼ不可能です。しかしFXはそのレバレッジの幅を利用すれば時には数十倍にも膨れ上がります。しかしあくまでハイリスクの投資であると言う事を頭に置き取引に参加するのが望ましいでしょう。初めのうちは失敗や思うように利益が上がらないかもしれません。しかし経験を積み、コツを掴む事により勝つ確率を高めていきましょう。まさに普通の人が富豪になるための近道があるとすればFXと言えるのではないでしょうか。


FX投資の必勝法

Copyright (C) 2009 外国為替 fx 比較 All Rights Reserved.  プライバシーポリシー
<PR> 投資日記 情報商材とは 高齢者就職 FXオンライン ネットで稼ぐ FXとは SEO 社長ブログ エンタメブログ お金について MLM