×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中古車探しのポイント インターネットオークションや中古車販売サイトで気をつけるべき注意点 お得な車探しをサポート

中古車 探し

安心安全な中古車を見つける
車探しネットオークション活用術

  

安全な中古車を探す


中古車探しをするときにどのような方法を使っているでしょうか?私はもっぱらインターネットでの検索に頼っています。やはり幅広い情報から探せますからねインターネット検索は。欲しい車の名前と中古車と検索窓に打ち込めばすぐに膨大な量の情報が手に入ります。もちろんネットで見ただけではそれがほんとにいい中古車だとかの判断がつきませんので、近くで行ける距離であれば実際に見に行きます。専門の人にお願いし連れていき中古車の状態を見てもらうといいかもしれません。

中古車(ちゅうこしゃ)とは、メーカーで生産されナンバー登録されたものを指します。 一般的には、末端ユーザーに購入もしくはレンタルされ、利用された自動車が再び売りに出された、あるいは既に再購入されたものを指すが、ナンバー登録だけ為され全く使用していない車輌(俗に言う新古車。販売店がメーカーからのノルマである販売数量達成のために、試乗車などの名目で登録されたものが多い)も中古車と分類されています。

一度使用されているということはその状態は千差万別です。走行距離だけでは判断できないこともあるので注意してみることが重要になってきます。また中古車は前のオーナーの取り付けたものがそのままあることも珍しくありません。高額なパーツをつけている場合お得になることもあります。しかしあくまで安全第一を考え危険のない安全な車を選ぶことがなにより大事です。車は外からだけでは中身の状態がわからないため、後々トラブルの原因になることもあります。信頼のおけるアフターサービスのしっかりとしたお店を選択することも大切です。

主な中古車販売業者

   

カーセンサー(株式会社リクルート)
Goo(株式会社プロトコーポレーション)

カッチャオ
株式会社シイ・アイ・エス、
株式会社MGコーポレーション
株式会社リクルート
西日本カーセンサー
株式会社ティーネット

車選びドットコム

(株式会社ファブリカコミュニケーションズ)
CarTown.jp(株式会社サイバーブレーン)
carview(株式会社カービュー)

中古車業者に売却する場合の査定ポイント







車種(中古市場での人気度)
現在の自家用乗用車の一般的な傾向であるが、伝統的なセダンやクーペタイプは査定が安く、ミニバンやオフロード系4WD、ステーションワゴン(大きな分類として"SUV"スポーツユーティリティビークルと呼ばれる)などのタイプは査定が高い傾向にある。しかしミニバン・ステーションワゴン・4WD等のSUVも市場では飽和状態になりかけており、買い取り・販売価格ともに安定期から低迷期になりかけてもいる。一方、軽自動車は税金や保険料などの維持費の安さから、地方を中心に一定の中古市場があり値崩れしにくい事から、すぐ上の1000ccクラスよりも高査定が付くことが多い。

グレード(装備品を含む)
車種によって多数のグレードがあり、グレード毎の差に主要装備はもちろん、排気量に差がある場合もあるので査定額に大きく影響する。社外装備品も評価はされるが、綺麗に付けられているか、その車種に見合ったものかどうかも判断されるため、査定額が上がるとは限らない。むしろ純正部品に戻さなければならないと判断された場合査定額が下がるケースもある。

年式
年式が新しいほうが高査定額になるのは言うまでもないが、同車種同年式でもマイナーチェンジやモデルチェンジなどで査定額に大きな差が出る。

走行距離
軽自動車の年間標準走行距離は8,000km、普通車は10,000kmというように一定の目安があり、それを超えると減額されそれ以下の場合増額される。ただし、自動車も機械であるのである程度動かしていないと動作不調に陥りがちであり、年数から見て極端に少ない走行距離(シビア・コンディション)の場合、必ずしも増額されるとはいえないこともある。


その時代の人気色が高査定になるケースが多い。00年代で言うと、白、黒、シルバーなど。また車種独自の人気色がある場合、その色が高査定になる例がみられる。

車の状態
各機器の動作、汚れや傷の有無、修復歴を確認する。修復歴は事故歴と混同されがちだが、別物である。事故を起こしてなくとも修復歴に該当する部位(主に内鈑やフレーム)が損傷もしくは修正されていた場合、修復歴となる。逆に事故を起こしてはいても、バンパーを交換した、ドアのへこみを戻し塗装しただけでは修復歴にならず、交換跡、修理跡と判断される。

修復歴車の定義に関しては、(社)自動車公正取引協議会(公取協)の定める「自動車業における表示に関する公正競争規約」上に取り決めがある。また、その規約は(財)日本自動車査定協会(日査協)及び(社)日本中古自動車販売協会連合会(中販連)の「中古自動車査定基準」に定める修復歴車の定義と同一である。修復歴車の取り扱いに関してオートオークション会場ごとで異なっていたため、平成14年より日本オートオークション協議会を中心に修復歴判定基準を統一する方向に進んでいる。


中古車選びの注意点


インターネットの中古車販売サイトはここ近年増え続けてきました。これはネットを介した販売が好調であるということにほかなりません。中古車販売業者にとって在庫を多く抱えるのはスペース的にも財政的にも簡単なことではありません。一方購入予定者にとっても、どの業者にどのタイプの車があるか判からなければ、希望の物件を探すのは困難であると言えます。これらの点で、双方に有益なのが中古車情報誌、および中古車情報検索用のウェブサイトなのです。ダイレクトに自社のサイトに広告を出せるのは購入者と販売店が直接つながり利益をもたらします。また様々な会社の中古車を扱う総合サイトもあり車種を絞って検索したいときは有効でしょう。

また、インターネットオークションに中古車販売業者が店頭展示中の中古車を並行して出品していることも多いので実際に見に行くことができれば安心して購入できるでしょう。

インターネットオークションやサイトの欠点は、紙やインターネット上の情報だけで店舗が遠方の場合実物を見ることができないため、エンジンや足回りなどの状態が判からないことです。中古車は前ユーザーの使用状況等によって一台一台状態が違うので、購入に際してはエンジンや足回りのオイル漏れや異音などのチェックが本来欠かせません。可能なら試乗しての各種チェック(停止時には分からないトランスミッションの状態(変速の状態など)チェックなど)も行い、実物の状態をしっかり見極める必要があります。お店を信用して買うには自己責任がつきまといます。個人のブログなどの評価を見たりし判断するのもひとつの手かもしれません。命に関わる道具だけに慎重に選びたいものです。

Copyright (C) 2009 中古車 探し All Rights Reserved. プライバシーポリシー
<PR>新古車とは  車情報 ネット問屋 チャイルドシート ヤフー 名古屋部屋探し FX シボレー自転車 自動車保険 情報商材 エコカー