×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファーマネクスとは?薬学辞典に掲載されるスーパー栄養補助食品・世界の頭脳が集まる夢の研究機関

ファーマネクスとは

自然の恵み・サイエンスの恵み
ファーマネクス・スーパーサプリメント

  

ファーマネクスの歴史


ファーマネクス社は1994年アメリカで設立された製薬会社。1998年にNSE社(ニュースキンエンタープライズ)に買収され、現在ではNSE社の事業の一部門である。

アメリカの大手ファーマネクスの特別技術顧問であるマイケル・チャン博士 は、アメリカの大手製薬会社で新薬研究に携わる一方、世界各地で5万種以上の植物エキスのサンプルを収集・研究した、植物成分に関する世界でも指折りの専門家。まさに世界的な薬学界のスーパースターである。

その長年の研究を通してマイケル・チャン博士は、大自然の恵みである天然植物成分の栄養学的有用性を最大限に引き出し、栄養補助食品(サプリメント)として製品化することこそが、人々の健康に貢献できる最良の方法だと考えました。
やがて製薬業界を離れた博士は、同じ考えをもつウィリアム・E.マクグラシャン・Jr.たちと協力し、1994年ファーマネックスを設立、人々の健康に役立つ製品を市場に送り出すという夢を実現しました


その後NSE社は『 ファーマネクス科学諮問委員会 (PSAB) Pharmanex Scientific Advisory Board 』 を設立。"人々の人生をよりよくする"というビジョンに賛同した各国の著名な科学者で構成されている。ファーマネクス専属の50名の科学者と、世界のトップレベルの研究機関(大学・研究所)に所属する約150名の科学者との共同研究により、自然の恵みに満ちた製品づくりへの的確なアドバイスを行っている。
その顔ぶれはカール・ジェラッシ、中西香爾、ポールコックス、ディビット・ヒーバー、ジェイムス・リッピー、マイケルジェフリー、アルフレッド・レーン、アイラ・ヒル博士と言った世界の頭脳が集結した科学者のドリームチームだ。

ファーマネクス 会社概要


・設 立    : 1994年(1998年10月、NSE社に買収)
・代表者 : 社長 ジョセフ・チャン
・所在地 : アメリカ合衆国 ユタ州 プロボ
・現在、世界40の国及び地域に事業展開中
<日本法人>
ニュースキン ジャパン(株)(設立:1993年4月
・所在地 
: 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー23階
支店:大阪支店(大阪市中央区)、名古屋支店(名古屋錦)
福岡支店(福岡市早良区)
・売上高  : 626億2100万円
(2004年1月1日から12月31日まで)
・アクティブ ディストリビューター組数:298,197組
・エグゼクティブ ディストリビューター組数:15,077組


多種にわたるサプリメントですが、ファーマネクス関係をお忘れではないですよね?ファーマネクスには体調・健康に素晴らしい効用を示すサプリメントが多数あります。数あるニュースキン製品の中でも、私はファーマネクス製品を使用しています。

健康食品って、どれも似たり寄ったりと思っていまいたが、使ってみると違うものですよ。健康食品関連のこれまでのものは「気のせいか体調がいいような」という程度でしたからね。しかし、ファーマネクスサプリメントの体調の改善が目まぐるしいは、今までのそれらとは明らかに違います。が少し値が張る訳は、原料と製法に高いレベルのものを取り入れているからです。

いいものは値が張る分、きちんとしている、ということですね。体に直接左右するものなので、確かな製品を選んでいきたいですね。
ファーマネクスを絶賛している私は、家族や友人にもそのことを話しています。


ファーマネクス 6Sプロセス 徹底した独自の品質管理システム


1.選択[Selection]:使用する植物を徹底して調査・データベース分析を行い、厳しい選定基準 に基づき選び出す。
2.原産地[Source]:原産地を植物学、化学の観点から包括的に評価し、厳しい基準を満たす原産地の原料のみを使用。
3.構造[Structure]:世界各国の大学・研究所と共同で天然成分の構造を分析し、栄養学的有用性を徹底的に調べ上げる。
4.標準設定[Standardization]:栽培地、季節、採取法等に厳しい基準を設け、可能な限りよい状態の植物と成分を使用。
5.安全性[Safety]:使用方法と安全性を徹底的に検査。すべての製品に対して微生物テスト、毒素分析、重金属分析を実施。
6.実証主義[Substantiation]:多角的で精密な厳しいテストで常に栄養学的有用性と安全性が確認された製品のみを提供。

ファーマネクス 予防医学のリーダー


ファーマネクスは世界の著名な大学に研究施設を設置しておりそのサプリメントは臨床データ、科学データを基に科学的有用性を検証しています。

アメリカではコロンビア大学、カンザス大学、スタンフォード大学、ハーバード大学、コーネル大学、カリフォルニア州立大学LA校、カリフォルニア州立大学SF校、タフツ大学、パデュー大学、スクリップス研究所等
中国では上海医科大学、北京医科大学、北京大学、中国医薬材料研究所、北京ユニオン病院、マテリア・メディカ研究所等です。

「コレスティン」、「ティグリーン」などの一部のファーマネクス製品は、薬学を勉強するものにとっては教科書的でもある存在、薬学辞典『PDR(Physicians‘ Desk Reference)』 にも掲載されており、実際、アメリカでは医療の現場でも使用されている。サプリメント(栄養補助食品)ではなく薬だと米では裁判にもなった程。

まさにその社名PHARMANEX(次世代の薬)の由来のとおり次世代の栄養補助食品としてこれからの予防医学時代をリードし続ける事でしょう。そしてNo.1サプリメントを通し人々の健康に光を与え続け貢献することでしょう。

FX投資の必勝法
Copyright (C) 2009 ニュースキン ファーマネックスとは All Rights Reserved.  プライバシーポリシー
<PR> ニュースキンビジネス ニュースキンサポート NU SKINブログ サプリメントセレクション G3 オーバードライブ ライフパック